仕事紹介Job introduction

陳列次第で売上変化

それが楽しいです

金地 奈津美販売本部/店舗日配・グロサリー部門2004年
入社

「店舗の日配・グロサリー部門」とは、どんな仕事ですか?

スタッフ写真

日配・グロサリーの「日配」とは、毎日配られる生鮮食品のことを言います。具体的には、牛乳や卵、パンなどです。「グロサリー」とは、一般食品や日用雑貨のことです。調味料やお菓子、缶詰などの食料品、そして洗剤、トイレットペーパーなどの日用品です。

私たちは、主に商品出しや発注を行っています。商品出しとは、店頭に商品を陳列することです。その際、先入れ先出しですので、賞味期限を確認しながら作業します。発注は売数に応じて数を決め、毎日発注します。また、節分・バレンタイン・ハロウィン・クリスマスなど季節催事の計画、売場作りをします。

前年の売れ数やトレンドによって計画数を調整し、お客様が買いまわりしやすいように意識をして展開しています。その他には、定番売場の終わりにあるエンドとよばれる所の計画、陳列をします。エンドとはメニュー提案やテレビなどで話題のものや、夏ならそうめん・冬なら鍋など季節によって必要とされるものを展開します。

この仕事のやり甲斐は?

スタッフ写真

スタッフ写真

エンドに売り込みたい商品を陳列し、実績が上がった時はとても嬉しいです。また、季節催事にイベント感を入れ込み作ることもやり甲斐を感じます。例えば、バレンタインは手作りコーナー・お子様へのプレゼント・自分へのご褒美などにテーマを分けて展開し分かりやすく魅力ある売場になるように考えて陳列します。

その他、気温の低下や上昇、テレビで取り上げブームになっている商品の販売にチャレンジする時、売場で足を止め、選んでいただいた時は思わず心の中でガッツポーズをしたくなります。売場での作業が多いためお客様と接する機会が少ない部門ですが、陳列時に売場や商品をご案内できた時は商品知識が役に立ち、益々やり甲斐を感じます。

様々な仕事と社員のインタビューをご紹介します

  • 商品本部
  • 生鮮部
  • デリカ部
  • 日配グロサリー部
  • 営業企画部